とくはつせいけっしょうばんげんしょうせいしはんびょう特発性血小板減少性紫斑病<皮膚の病気>

お仕事をさがす

内科】 【小児科
初診に適した科

特発性血小板減少性紫斑病とはどんな病気か

 明らかな基礎疾患や原因薬剤の関与もなく発症し、血小板数が減るため、さまざまな出血症状を引き起こす病気のことをいいます。慢性型と急性型とがあり、急性型は小児に多く、急激に発症します。一方、慢性型は20〜40歳の女性に多く、徐々に発症します。

原因は何か

 血小板に対する自己抗体ができ、脾臓(ひぞう)で血小板が破壊されるために、数が減ってしまうと推定されています。

症状の現れ方

 出血症状は紫斑(点状出血および斑状出血)が主で、歯肉出血、鼻出血、下血、血尿、月経過多などもみられます。関節内出血は認められません。出血症状を自覚していなくても血小板数の減少を指摘され、受診することもあります。

検査と診断

 以下の検査所見から診断します。 (1)血小板減少10万mm3以下 (2)骨髄(こつずい)では骨髄巨核球(きょかくきゅう)の数は正常ないし増加 (3)血小板結合性免疫グロブリンG(PAIgG)の増加

治療の方法

 治療はまず副腎皮質ステロイド薬が使われ、血小板数や症状をみながら、徐々に減量していくのが一般的です。効果がない時には脾臓の摘出手術が行われます。それでも効果が不十分な場合は、免疫抑制薬などが使われます。
 小児に多くみられる急性型の大部分は自然に治ります。慢性型ではステロイド薬で治るのは20%で、脾臓を摘出した人の60〜70%に改善がみられます。しかし、まれに頭蓋内出血で死亡することもあるため、激しい頭痛、吐き気、嘔吐などの症状が出たら、すぐに医師に連絡することが大切です。

特発性血小板減少性紫斑病に気づいたらどうする

 治療は個人で差があるので、必ず現在の自分の状況を小児科医もしくは内科医に説明して、適切な指示を受けてください。

(執筆者:妹尾 明美

※初診に適した科を掲載しています。なお病院・診療所によって診療科目の区分は異なりますので、受診の際はよくご確認ください。

同じ分類でよく見られている病気


トピックス
注目 みんなの笑顔を引き出すおもいやりとは?
注目 専門医も探せる!病院検索リニューアル
特集
みんなが笑顔になる美味しいメニューみんなが笑顔になる美味しいメニューテルウェル東日本が運営する社員食堂をご紹介します
二日酔いを和らげる食べ物、食べ方二日酔いを和らげる食べ物、食べ方お酒を飲むとき一緒に食べたいもの、飲む前に食べておくとよいもの
金縛りはどうして起こるの?金縛りはどうして起こるの?寝入りばなに起こりがち…意識はあるのに脳の指令が届かず体が動かない!
たびたび鼻血が出るのはなぜ?たびたび鼻血が出るのはなぜ?鼻血がたびたび出たり、なかなか止まらないときは耳鼻科を受診して
今週のコラム
発達障害の一つ ADHDって何?発達障害の一つ ADHDって何?
ADHDは「不注意」「多動衝動性」を特徴とする発達障害
ヨーグルトケーキヨーグルトケーキ
ヨーグルトと卵のヘルシーデザート
同じ物ばかりは注意、遅延フードアレルギー同じ物ばかりは注意、遅延フードアレルギー
本人が気付かない“遅延型フードアレルギー”で不調に!?
お知らせ
からだにいいこと

毎月16日発売

健康ブログ
CheerUp!ダイアリーCheerUp!ダイアリー元NFLチアリーダー齋藤佳子が綴る元気になるブログ

美と健康に悩む人たちと共に歩む美と健康に悩む人たちと共に歩む女性の美と健康の専門クリニックの院長先生が綴る日記
木下代理子の彩色健美木下代理子の彩色健美メンタル&ライフへの色彩処方箋ブログ
Alla Salute di Tutti!Alla Salute di Tutti!塚本悦子のナチュラル・ワイン・ライフ
gooヘルスケアについて
サービス案内