めんえきふぜんしょうこうぐん免疫不全症候群

優良な非公開求人が多数あります。
gooヘルスケア×ナースフル 看護士の求人情報をしらべる
小児科】 【内科
初診に適した科

●原発性免疫不全症(げんぱつせいめんえきふぜんしょう)

免疫不全症候群とはどんな病気か

 免疫系は感染から身を守る重要な体の仕組みです。重要な免疫系の仕組みは主に4つに分けられ、それらには、(1)T細胞を中心とする細胞性免疫、(2)B細胞で作られる抗体による液性免疫、(3)好中球(こうちゅうきゅう)、マクロファージなどの食(しょく)細胞、(4)補体(ほたい)があります。
 原発性免疫不全症とは、これらの免疫系の仕組みのいずれかの個所に生まれつき障害があり、感染から十分に身を守れなくなった状態を意味します。
 また、この4つの仕組みのなかでも、さまざまな段階で障害が起きることが知られており、原発性免疫不全症といっても、その多様性により、さまざまな症状を示すことが知られています。
 そのため、すべての原発性免疫不全症をひとつの概念でまとめてしまうことは不可能ですが、(1)感染が重症になったり、(2)なかなか治らなかったり、(3)しばしば感染症にかかったり、(4)健康な人では病気を起こさないような弱い微生物でも病気を起こすようになったりする(日和見(ひよりみ)感染)といったように、易(い)感染性(感染しやすい)といった概念で理解するのが適当だと思います。
 「かぜをひきやすい」といった訴えに代表される易感染性は、母親からの胎盤を介する移行抗体がなくなる乳児期後半から、集団生活が始まる保育園、幼稚園のころまでしばしばみられる現象です。しかし、この易感染性をもって免疫不全症と診断することはできません。2歳以下の子どもでは、上気道炎に年平均8回かかるという報告もあります。
 そのため、小児科医に相談するひとつの目安として、小児期の上気道炎の発症が月に1回以上であることがあげられますが、ほかにも外界と接する呼吸器(中耳炎副鼻腔炎(ふくびくうえん)、気管支炎肺炎気管支拡張症)、消化器(反復性下痢、難治性(なんちせい)下痢、吸収不全)、皮膚の感染をしばしば伴うことなども、小児科医に相談する目安になります。

症状の現れ方

 免疫系の仕組みのなかで、(1)T細胞を中心とする細胞性免疫、(2)B細胞で作られる抗体による液性免疫がともに障害を受けた重症複合型免疫不全症が、原発性免疫不全症のなかでも重症な部類に属します。
 乳児期早期から、致死的な感染が必ず起こり、また高度の易感染症による慢性下痢症や発育不良、感染を伴う皮膚の難治性湿疹性病変などが認められます。
 一方、無ガンマグロブリン血症のように抗体産生系にのみ異常があるものでは、母親からの抗体が消失する生後3〜6カ月ころから、次第に易感染性がみられるようになります。
 なお、この2つの病気では、原因菌も大きく異なります。重症複合型免疫不全症では、細菌以外にウイルス、真菌、日和見感染などが反復、重症化しますが、無ガンマグロブリン血症では細菌感染が反復、重症化します。しかし、ウイルス感染症は一般的に正常に経過します。
 一方、好中球(こうちゅうきゅう)、マクロファージなどの食細胞の異常でも細菌感染症が特徴的ですが、無ガンマグロブリン血症ではどちらかというと感染の反復が特徴的であるのに対し、食細胞異常では、細菌感染の反復とともに、重症化、難治化が特徴的です。

検査と診断

 原発性免疫不全症の診断は、さまざまな血液・血清学的検査や、X線検査を用いて行われます。
 これらのルーチン検査とともに、各種免疫学的機能検査による(1)T細胞系、(2)B細胞系、(3)食細胞系、(4)補体系の機能測定が、疾患のさらなる絞り込みに有用です。また近年では、多くの原発性免疫不全症の原因遺伝子の異常が特定されるようになってきており、遺伝子検査により確定診断ができるようになってきています。
 さらに近年、原発性免疫不全症の一病型として「自己炎症性症候群」が加わりました。周期性の発熱を特徴とする疾患です。血液検査で炎症反応が高値に持続する場合は、この症候群の鑑別が必要です。

治療の方法

 原発性免疫不全症の治療では、併発する感染症の治療とともに、その原因に対する治療が基本になります。無ガンマグロブリン血症では抗体の補充療法が有効ですが、生命に対する予後が不良の疾患に対する根本的治療として、造血幹細胞(ぞうけつかんさいぼう)移植が行われています。
 一部の疾患では遺伝子治療も試みられていますが、現在のところ安全性が問題になっています。

●続発性免疫不全症(ぞくはつせいめんえきふぜんしょう)
 続発性(後天性)免疫不全症の原因としては、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染症(エイズ)のほかに、自己免疫疾患、悪性新生物、各種移植などにおける薬剤による免疫抑制(副腎皮質ホルモン薬、各種免疫抑制薬、抗がん薬)、好中球減少症(薬剤性好中球減少症、抗がん薬)、他のウイルス感染に伴う免疫抑制、染色体異常症、栄養障害などの代謝障害における免疫不全、老化現象、脾臓(ひぞう)などの免疫担当臓器の摘出などが考えられます。

(執筆者:平家 俊男

※初診に適した科を掲載しています。なお病院・診療所によって診療科目の区分は異なりますので、受診の際はよくご確認ください。

同じ分類でよく見られている病気


トピックス
注目 みんなの笑顔を引き出すおもいやりとは?
注目 クイズ形式でチャレンジ!「ダイエット検定」
特集
みんなが笑顔になる美味しいメニューみんなが笑顔になる美味しいメニューテルウェル東日本が運営する社員食堂をご紹介します
【ジンゲロール】じんげろーる【ジンゲロール】じんげろーるしょうがに含まれる辛味成分のひとつで、加熱すると体をあたためる効果あり
金縛りはどうして起こるの?金縛りはどうして起こるの?寝入りばなに起こりがち…意識はあるのに脳の指令が届かず体が動かない!
たびたび鼻血が出るのはなぜ?たびたび鼻血が出るのはなぜ?鼻血がたびたび出たり、なかなか止まらないときは耳鼻科を受診して
今週のコラム
腹痛1 考えられる病気と注意点腹痛1 考えられる病気と注意点
おなかの痛む場所から考えられるのはどんな病気?
えびとトマトのココナッツミルク煮えびとトマトのココナッツミルク煮
えびとココナッツミルク、ナンプラーでタイ風に
足がつるのはなぜ?その原因と対策足がつるのはなぜ?その原因と対策
その原因を知れば、夜中に悶える心配なし!
お知らせ
からだにいいこと

毎月16日発売

健康ブログ
CheerUp!ダイアリーCheerUp!ダイアリー元NFLチアリーダー齋藤佳子が綴る元気になるブログ

美と健康に悩む人たちと共に歩む美と健康に悩む人たちと共に歩む女性の美と健康の専門クリニックの院長先生が綴る日記
木下代理子の彩色健美木下代理子の彩色健美メンタル&ライフへの色彩処方箋ブログ
Alla Salute di Tutti!Alla Salute di Tutti!塚本悦子のナチュラル・ワイン・ライフ
gooヘルスケアについて
サービス案内