アレルギー疾患にかかりやすい人(とくに小児)が、アトピー性皮膚炎、気管支喘息、アレルギー性鼻炎などを次々と発症すること。1つの疾患を抑えると別の疾患が出てくるようになり、あたかもアレルギー疾患が行進して連なるような印象から、こう呼ばれることがある。