薬が必要な場合に医師が処方せんを書いて患者に渡し、処方せんに基づいて薬局の薬剤師が調剤するシステム。その利点は、処方せんに書かれた薬品名をたよりに患者が服用する薬の効能、副作用などの情報を得られ、一方で医師は薬による利益をあてにしなくなるので、病院の薬の在庫に拘ることなく真に患者に必要と考える薬を処方できることにある。