医師が治療方法について患者が納得のいくまで説明をし、患者はその説明内容を理解して、納得・同意したうえで治療を受けるという考え方。科学技術の発展は医療現場において治療方法にさまざまな選択肢をもたらしたため、その情報を医師は患者に説明する必要に迫られた。こうした背景から今日、インフォームド・コンセントは医療の常識となっている。