医療用医薬品には、その有効成分が日本で初めて発売された先発品と、その薬の特許が切れた後で発売される後発品がある。開発に莫大な費用がかかる先発品に対し後発品は安価であり、厚労省は成分も効用も先発品と同じものとして認可している。欧米では薬の有効成分を示す一般名(generic name)で処方されることからジェネリック医薬品と呼ばれる。