担当医からの説明だけでは納得のいかない場合、あるいは他にもっとよい治療法があるのではないかと考える場合、なかなか症状が改善しないときなどに、同じ科の他の医師の意見、つまり「第二の意見」を参考にすること。ただし、自分にとって都合のいい診断が得られるまで次々と医師を替えるという、いわゆる「ドクターショッピング」とは意味が異なる。