末期がん患者など、余命6カ月(終末期)と診断された患者に対する医療・看護・介護などのこと。積極的な延命治療を中心とするのではなく、患者の人格や家族の意思を尊重し、肉体的な痛みをやわらげ、死に対する恐怖を緩和し、残された人生のQOL(生活の質)を高めることをめざしている。また、患者だけでなく家族へのサポートも重視している。