厚生労働大臣の承認を受けた、高度な医療を提供する病院。平成4年の医療法改正で制度化された。その条件には、(1)高度な医療を提供できる、(2)高度な医療技術の開発ができる、(3)高度医療の研修ができる、(4)10以上の診療科がある、(5)500以上の病床(ベッド)を持つ施設である、(6)医師、看護師、薬剤師などの専門職が一定数以上いる、などがある。