薬の成分が入っていない薬理作用のない偽薬のこと。プラシーボともいう。薬であると信じこむと効くことがあること(プラセボ効果)は広く知られ、実際に臨床の現場で使われている。また、新薬の臨床治験の際、実際の薬の効果を正確に調べるために、プラセボ薬と実際に薬が入っているものとで比較して薬効などを調べる二重盲検法でも用いられる。