中枢神経系を抑制する働きのあるアルコールやアヘン類(ヘロイン、モルヒネ)を連用・依存したときにみられる症状で、それらの薬物を完全に断ったときに現れるのが禁断症状。薬物の血中濃度が低下したときにも、禁断症状に類似した離脱症状(退薬症状)がみられる。アルコールでは不眠、抑うつ、振戦(ふるえ)、けいれんなどが、アヘン類ではあくび、瞳孔散大、流涙、鼻漏、嘔吐、腹痛、下痢などがある。