悪玉コレステロールと呼ばれるLDL(低比重リポたんぱく)は、各組織に細胞膜の材料となるコレステロールを配る働きをします。しかし、血液中に増えすぎると酸化が進んで変性LDLになります。変性LDLは、動脈壁の内側に病巣を作り、血管を狭めて動脈硬化の要因となります。