医学用語では鶏眼(けいがん)といいます。魚の目は俗称。限られた部位に現れる(限局性)角質(死んでしまった皮膚の表面の細胞)の増殖をいいます。足型に合わない靴をはいたり、軟らかい底の靴で硬い凸凹道を歩くことなどによって、刺激が繰り返し加わることによって生じます。歩くことができる状態であれば、どの年齢でも発症します。