骨密度とは、骨中のカルシウムなどミネラル成分の密度を科学的に数字で表したものです。健康な骨の内部は、カルシウムと膠原腺維が縦横に走り、網目状のすき間がぎっしりつまっていて、これが骨密度の高い状態です。一方、「骨祖しょう症」になると、骨の中のカルシウム量が減り、骨が粗くスカスカになってしまいます。更年期以降の女性で、女性ホルモンの分泌が急激に減少することによってかかりやすくなります。