不足している栄養素を補うための食品。栄養補助食品。一人一人の栄養所要量は、年齢や性別、生活環境、健康状態や活動量、体質などによって異なりますが、基本的には、毎日の食事で確保するものです。そこで、補助的に体内での栄養素のバランスを整えたり、体質や環境にあわせた機能性成分を補給するのがサプリメントを摂取する目的です。サプリメントが食事の代わりになるわけではありません。また医薬品ではないので、すぐに効能をもたらすこともありません。