医学用語では急性腰痛症といいます。腰にそりとひねりが加わったときに起こりやすい症状で、椎間板や椎間関節、仙腸関節、腰の筋膜などの捻挫と考えられます。じん帯や筋肉によってしっかり支えられている腰椎は、老化が始まるとじん帯や筋肉が弱くなって関節のかみ合わせが不安定になり、動きを調整することが難しくなります。このような状態でそりやひねりが加わると、日常の何気ない運動でも捻挫してしまい、神経が刺激されるのです。ぎっくり腰の症状が出たら、まず安静第一です。痛みが2週間以上続く場合や、頻繁に同じ症状を繰り返す場合には、骨粗鬆症や腰椎の病的骨折など違う病気が発見されることがあります。また、単純なぎっくり腰から椎間板ヘルニアに移行している場合もあるので、医師の診断を受けるようにしましょう。