Social Anxiety Disorder:SAD(エス・エー・ディー)とも呼ばれます。以前「対人恐怖症」とよばれていたものの一部分の症状です。初対面の人にあいさつをしたり、大勢の人の前で話そうとすると、声がふるえたり赤面してしまうことは、誰しも経験したことがあると思います。しかしこのような状況に対して、過剰に「失敗したらどうしよう」、「恥をかいたらどうしよう」という思いにかられ、そのような状況を回避するあまり、会社や学校へ行けなくなってしまったり、家に閉じこもってしまうのが、社会不安障害の症状です。つまり、普通の人ならそれほど緊張しないような状況でも、過剰な不安状態に陥り、それが深刻な恐怖感となって、生活の上でも深刻な影響が現れるようになるわけです。まじめで自分への要求水準が高い人、自分に自信が持てない、他人の評価を気にする人が社会不安障害にかかりやすいと言われています。慢性化する恐れもあるので、心配な時は精神科や心療内科などを訪れると良いでしょう。