「痛い・かめない・落ちる」という入れ歯の三大不満を解消するといわれているのが、インプラント(人工歯根)です。欠損した部位に埋め込むために、人工的に作製した器官・組織の代替物、または、それを埋め込むことをいいます。歯は、歯ぐきの上の部分・歯冠と、歯ぐきの下の骨の中に埋まっている部分・歯根からなっています。虫歯や歯周病で歯を失うと、骨の中に埋まっている歯根まで失ってしまいます。これまでそうした治療には、入れ歯やブリッジを使用して、人工の歯を支えるという方法がとられてきました。一方、インプラントは、人間の体になじむ素材を使って本来の歯の構造と同じようなものをつくり治療します。そうすることで、歯冠だけでなく歯根まで取り戻すことが可能になるのです。