食べものや飲みものが誤って気道(空気の通り道)に入ったり、胃のなかのものが逆流したりすることで肺や気管支に細菌が入り、肺炎や気管支炎などが起こることがある。これらを総称して嚥下性肺炎という。脳卒中やのどの麻酔、泥酔状態などで意識不明に陥っているときに起こりやすい。