動脈の血管壁が高血圧や糖尿病などによって傷つくと、悪玉コレステロール(LDLコレステロール)などがたまりやすくなり、動脈硬化が始まる。血管壁にたまったLDLコレステロールが酸化されて、酸化型LDLコレステロールとなり、血管の内側にこびりついたものを粥腫(プラーク)という。