主に心室から分泌されるホルモンで、血管拡張作用や利尿作用をもち、血圧の調整などに重要な役割をはたしているのが脳利尿ホルモン(BNP)である。心不全があると、その重症度に応じて増加する。