激しい筋肉運動のあとなど、筋肉中に酸素が十分にないときに、糖を無酸素状態で分解することによって生まれる物質。この物質がたまると、筋肉の疲労回復を助けるグリコーゲンが不足するため、疲労がたまりやすくなる。