陽電子放射断層撮影(Positron Emission Tomography)の略称。がんの検査に用いられる最先端の画像診断法で、がん細胞が正常細胞よりもブドウ糖を取り込みやすい性質を利用して行う。ブドウ糖に似た成分(ポジトロン薬剤)を体内に注射して全身をPETで撮影し、薬剤の集まり方をみることでがんの有無、転移・再発の有無などの診断に用いる。PETとCTの画像を同時に撮影できるPET/CTという装置を用いると、さまざまな角度の断面を見ることができ、より精度の高い診断に役立つ。また、PET単独の場合より放射線の投与量が少なくてすみ、検査時間も短縮できる。