浅い呼吸を過度に早くくり返すことで血液中の二酸化炭素の濃度が低下し、呼吸性アルカローラス(血液のPHがアルカリ側に上昇した状態)を来したために様々な症状が起きた状態。「過換気症候群」ともいわれている。緊張や興奮、恐怖や疼痛、疲労などに続いて発作的に胸がしめつけられ、呼吸が早くなり空気が吸い込めない状態になり、極度の不安を感じるとともに、頭痛やめまい、四肢のしびれやけいれんなどを示す。