金属やその化合物が原因となって起こるアレルギー。歯科で用いられる冠やブリッジ、入れ歯に使われている金属、あるいはピアスやネックレス、時計、指輪などに用いられている金属などがアレルギーの原因となる。歯科用の金属によっておこるアレルギーでは、口の粘膜が赤く腫れる、水疱、かゆみなどの症状が見られる。装飾品では、金属が触れた皮膚に同様の症状が見られる。