医療機関からもらった処方箋はすべて「この薬局で調剤してもらおう」と個人が決め、利用する薬局。かかりつけ薬局では、患者の薬歴簿を保存しており、薬の重複投与や相互作用の発生を未然に防ぐことができる。