どのようなアレルゲンによってアレルギーが起こっているかを調べる検査。皮膚にテスト用アレルゲンを注射して反応を見る皮内テスト、皮膚に注射針で線上の傷を付けて反応を観察するスクラッチテスト(掻爬試験)、テスト用の絆創膏にアレルゲンを染みこませ、これを腕や背中の皮膚にはりつけて反応を確かめるパッチテストなどがある。