睡眠時無呼吸症候群の診断に行う簡単な検査。鼻孔とのどぼとけ、人差し指にセンサーをつけ、睡眠中の酸素濃度、呼気の流れ、喉の音を記録。記録されたデータから無呼吸の回数を解析し、診断する。入院してこの検査を行う施設もあるが、患者に装置を貸し出して自宅で行わせている施設もある。