横隔膜のけいれん性収縮によって起こる。多くは器質的原因疾患はなく、自然に治る。食道腫瘍、横隔膜ヘルニア、脳腫瘍などが原因の場合は治りにくく、原疾患の治療が必要。