紫外線による皮膚の老化を「光老化」という。繰り返し日光(紫外線)にあたる部分は、しわしみができやすいことがわかっている。このような部分は皮膚の弾力繊維が変性し、皮膚のはりがなくなる。また、きめが荒くなり、つやもなくなり、くすんが出て皮膚が黄色っぽくなる。