口の中に食物がない状態で下あごを前後左右に動かし、上下の歯を強くこすりあわせる習癖。歯には、咬耗(こうもう)とよばれる歯がすり減った跡がみられる。歯ぎしりが原因となって、肩こり、あごの痛み、あごのだるさ、目の奥の痛み、偏頭痛や顎関節症を引き起こすこともある。治療法として、かみ合わせの調整、マウスピースの装着、精神的ストレスの緩和、自己暗示療法などがあげられる。