室内の微量な汚染化学物質に敏感に反応して、集中力の低下、不眠、視力障害、だるさ、頭痛、関節痛など様々な症状があらわれること。建築材料や家具などから発散されるホルムアルデヒドやトルエンなどの有機溶剤、衣類や絨毯などに含まれる浄化剤や可塑剤、殺虫剤、重金属などが原因物質としてあげられる。十分な換気を行い、室内での原因物質を一定量以下にすることで予防できる。なお、国土交通省は2003年の改正建築基準法で原因物質の規制値を定めている。