ヒスチジンというアミノ酸から合成される活性アミンの一種。リンパ球などの白血球を活性化して炎症をおこす。皮膚では毛細血管の拡張や浮腫、かゆみを起こし、アレルギー症状を引き起こす。ヒスタミンが多量に分泌されると血圧が下がりショックとなる。これらは、ヒスタミンH1受容体にヒスタミンが結合して起こるもので、この作用を止める薬が抗ヒスタミン薬である。