クリニカルファーマシーとは、臨床薬学のことを指す。患者との接点を密にするために病棟などで薬剤師が注射薬の調製、服薬指導、TDM(薬物治療モニタリング)、薬歴作成などを行いながら、薬物療法の質的向上と医療費の効果的な運用を目的としている。