本人の意思とはかかわりなく独立して働いている神経。呼吸・血液循環・消化吸収・排泄などの働きをコントロールし、生命維持に必要な体内環境を整える役割をする。交感神経と副交感神経の2種類があり、交感神経が血管を収縮させたり心臓の拍動を増加させるのに対し、副交感神経は血管を拡張させ心臓の拍動を制御するといった具合に、互いに相反する働きをする。ストレスなどにより自律神経がうまく機能しなくなった状態が自律神経失調症で、疲労感や異常に汗をかくなどの全身症状が現れる。