異物や細菌、ウイルスなどを認識して排除し体を守ろうとする、人が本来もっている働きのこと。また、感染症などに一度かかって回復すると、その病気に対して抵抗力を持つようになることをいう。人の体は体外から入ってきた異物や病原体、毒素などと、体内で発生したガン細胞などの異物を認識し、これらを攻撃・排除しようとする。これは体を守る大事な仕組みであるが、ときとしてアレルギーや、自分自身の細胞やタンパク質を攻撃してしまう自己免疫疾患(関節リウマチなど)の原因となることがある。