毛髪から体内のミネラル成分を分析する予防医学検査のこと。有害ミネラル(水銀・カドミウム・ヒ素など)の蓄積度や必須ミネラル(カルシウム・マグネシウム・亜鉛など)の過不足を検査する。血液や尿の検査よりもより正確に測定できるといわれており、頭皮に近い部分から数カ所に分けて0.2g(約150本)ほどの毛髪を採取して行う。栄養状態を正しく把握し、欠乏や過剰となっている栄養素について対処することで、代謝機能の正常化、体力・自然治癒力・抵抗力の強化に役立つ。