細くて柔らかな管(ファイバー)の先に超小型カメラをつけた内視鏡を体の中に挿入し、内部の状態を観察し撮影する検査のこと。代表的なものが胃カメラで、ほかに気管支、食道、小腸、直腸、大腸、膀胱など、ほとんどの管状の臓器で使用される。細胞や組織を採取して良性か悪性かを判定することにより、がんの早期発見に有効である。また、ポリープや早期のがんの切除、胃潰瘍の出血を止めるなどの内視鏡治療もできる。