特別な理由やきっかけもなく、突然強い不安感や恐怖感に襲われる症状(パニック発作)が起こる病気。めまい、動悸、手足のしびれ、吐き気、呼吸困難、狂ってしまうのではないかという恐怖感などさまざまな症状が同時にいくつもあらわれ、多くの場合は10分以内でピークに達し、通常30分ほどでおさまる。この発作が繰り返し起こり、発作がまた起きるのではという不安感(予期不安)が症状をさらに悪化させる。また、発作が起きたとき逃げられないような、あるいは助けを呼べないような特定の場所や状況を避けるようになる(広場恐怖)のも特徴。治療は、薬物療法と精神療法が行われる。