アナフィラキシーは「急激なアレルギー反応」のことで、アレルギーの原因となる物質(アレルゲン)が体内に侵入してから数十分程度の短時間で、過剰なアレルギー反応を引き起こす。このうち、生命の危険を伴うような重大なものをアナフィラキシーショックという。薬物、ハチの毒、食物などが原因で起こる。症状としては動悸、息切れ、めまい、血圧低下、じんましんなどがあり、そのまま放置すると呼吸困難、意識を失うといった危険な状態に陥る。発症の際には救急車で病院へ向かうなど、速やかな処置が必要。