皮膚や粘膜の表面が何らかの原因で傷つき、深くえぐられた状態のこと。一般に傷の深いものを潰瘍、浅いものをびらんという。代表的なのが胃潰瘍と十二指腸潰瘍で、いずれも本来は食物を消化するために分泌されている消化液(胃液)が胃や十二指腸の粘膜そのものまで消化してしまい、その粘膜が傷ついた結果生じる病気で、総称して「消化性潰瘍」という。ほかに、皮膚や口の中、大腸などにできる潰瘍もある。