指圧や鍼、灸による治療を行う際、刺激することで効果が現れる特有の部位のことで、専門用語で経穴(けいけつ)という。頭から足にかけて、体の表面にはたくさんのツボが縦の線で結ばれるように点在し、14の系統に分かれている。このツボを結ぶ線のことを経絡(けいらく)といい、東洋医学では経絡の中を気(体内を流れているエネルギー)が正常に流れることで健康が維持されると考えられている。ツボを刺激して気の流れを整え、その経絡につながる機能の不調を回復させるというのがツボ療法の考え方。