ごはん、パン、めん類などの糖質は、体内で消化されてブドウ糖となり、すい臓から分泌されるインスリンというホルモンの作用によって筋肉その他の組織細胞のエネルギー源として利用される。このインスリンの分泌が低下したり作用が十分でないために、血糖値(血液中のブドウ糖の量)が持続的に高くなっている状態が糖尿病。血糖値が高くなると、特に細かい血管が集中する部分は障害を受けやすくなり、糖尿病網膜症や糖尿病腎症、糖尿病神経障害などの合併症を引き起こす。また、心筋梗塞や脳梗塞、下肢の壊疽(えそ)などに至る場合もある。食べすぎ、運動不足、肥満、ストレスなどが誘引となって発病する生活習慣病の一つ。