カビ、イースト(酵母)、きのこなどからなる微生物の総称。有用なものと有害なものがあり、有害真菌によって起こる病気を真菌感染症という。真菌の胞子は空気中のあらゆる所に浮いており、抵抗力が落ちていたり、何らかの病気で免疫力が低下している人がこの胞子に接触すると感染する。真菌感染症を起こす代表的なものには、口や肺、膣などを侵すカンジダ、水虫やしらくもの原因となる白癬菌(はくせんきん)、呼吸器を侵すアスペルギルス、ハトの糞や土などから感染して肺炎を起こすクリプトコッカスなどがある。