一般歯科で扱う虫歯や歯槽膿漏以外の口腔(口のなか)の病気を専門として診る診療科。平成9年に厚生省より正式に診療科名として認められた。親知らずの抜歯、あごの骨折、顎関節症、細菌やウイルスの感染症、舌や歯肉のガン、インプラントによる人工歯根治療とあごの再建、口腔粘膜疾患、歯ぎしりやいびき防止のためのマウスピースの作成など、歯、口、あごの骨とその周辺組織に起こるさまざまな疾患に対応している。