眠いときや退屈なとき、疲れたときなどに思わず口を大きく開けて行う呼吸運動のことで、人間以外にも脊柱動物のほとんどに見られる。「血液中の酸素濃度が低下したときに、酸素を取り込むために起こる」、「顔の筋肉を伸ばして血液の流れをよくし、疲れを和らげるため」、「緊張感緩和のため」、「脳を刺激してはたらきを活発化させるため」などさまざまな説がありるが、いずれも科学的に立証されていない。なお、あまりに頻繁にあくびが出る場合は、病気(脳卒中や脳炎など)を疑う必要がある。