関節の中や外にあって骨と骨、筋肉と骨をつないでいるじょうぶな繊維性の組織のこと。関節運動の方向や範囲を制限し、少々強い力が加わったくらいでは関節が傷ついたり脱臼しないように守っている。しかし、本来関節が動かせる範囲を超える強い力が加わると、伸びたり切れてしまうことがある。これを靭帯損傷といい、スポーツや転倒などで起こしやすい。