正式名称はエイコサペンタエン酸。必須脂肪酸の一つで、体内で作られることはないため食べ物から摂取する必要がある。魚類(特に青魚)に多く含まれるほか、しそ油やえごま油に含まれるα-リノレン酸も体内に入るとEPAに変わる。血液をサラサラにする、血液中の悪玉コレステロールや中性脂肪を減らして善玉コレステロールを増やすなどの働きがあり、動脈硬化、脳梗塞、脳卒中、血栓症、高脂血症、心筋梗塞、高血圧などの予防・改善に役立つ。