卵巣を刺激して排卵を起こさせる薬。卵巣機能が不調で排卵が困難な人に排卵を起こさせたり、体外受精において卵子を多く得るために使用される。脳に作用して卵胞刺激ホルモンを分泌させ排卵を促すものと、卵巣を直接刺激して排卵を促すものがある。排卵誘発剤の種類によっては、卵巣が腫れる卵巣過剰刺激症候群(OHSS)という副作用を招いたり、多胎妊娠を起こすことがある。