動脈を構成している層が厚くなったり硬くなったりして、弾力性や柔軟性を失った状態のこと。血液中のコレステロールなどが血管壁に沈着しておこる粥状動脈硬化、喫煙などにより末端の細い動脈が継続的に収縮刺激を受けて次第に柔軟性を失う細動脈硬化などがある。加齢とともに進行するが、食事、運動、喫煙、飲酒、ストレスなどの生活習慣に大きく左右される。高脂血症、高血圧症、糖尿病などの疾病が要因となり、脳梗塞や心筋梗塞、大動脈瘤などを招く危険性がある。